看護師の人間関係

どの職種、どの職場でもそうですが、退職の一番の原因は人間関係だと言われています。社員の平均勤続年数が低い会社はそもそも会社の雰囲気が良くない場合が多くあります。それは上司が最低の人間だったり、あるいは不倫をしても構わないというような雰囲気が蔓延していたりといろいろあります。看護師が直面する人間関係にはどのようなものがあるでしょうか。「看護師にとって良い職場」を探すにはまずこの人間関係を調べることも必要だと思います。

1. 上下関係
どの病院でも必ずあるのがこの上下関係です。上に立つにしろ下に立つにしろ、必ず上下関係という人間関係に組み込まれます。それは仕方ないことです。しかし、この上下関係がうまくいかないために退職ということもよくあります。上には上の思いがあり、下には下の思いがあり、円滑に進めるのは非常に難しいものがあります。しかし、この上下関係がうまくいっている職場は雰囲気のいい職場が多くあります。

2. 横の関係
横の関係とはいわゆる同僚です。同い年とまではいかないまでも、2、3歳の違いくらい、大きくて5歳くらいの年齢の違いが、この横の関係に入れられるかと思います。上下関係が多少ギクシャクしていていも、この横の関係がしっかりしていれば、それは「良い職場」と言えるかもしれません。休みの日には居酒屋に行ったりカラオケに行ったりとストレスを発散させることができれば、少々のことがあっても、病院を辞めるというところまでは発展しないのが大半です。

3. 患者との関係
病院での人間関係で忘れてはならないのが患者との関係です。患者はいろんな人がいます。中には横柄な人もいて、看護師は辟易するということもあります。患者と良好な関係が築ければ、それはまさしく「良い職場」と言えるでしょう。

4. 新人
新人は特に人間関係で苦しい思いをすることが多くあるようです。特に初めて勤めた病院であるならばなおさらです。右も左も分からないまま、あれもやれこれもやれと言われ、そしてできないならばきつく叱られる。そういう状態が1年は続きますので、この時期に辞める看護師が多くいます。自分は看護師という仕事に向いていないのではないかと考えるようです。しかし、一旦は看護師という仕事を志し、厳しい看護実習もクリアし、そして国家試験も合格している、そんな努力ができるならば看護師として十分やっていけるはずです。新人時代の人間関係はその後の看護師人生において、特に重要な役割を担っていると言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>